ターコイズの産地紹介

mountain

アメリカインディアンの間では、ターコイズは"空の石"(skystone)と呼ばれていて、”雨が降ってきたのを喜んだ人々の流した喜びの涙と混ざって母なる大地に染み込んで出来た”と信じられていたそうです。
守護石として持ち主の健康状態で色が変化したり、持ち主の代わりに割れて身を守ってくれる、などと信じられてきました。
青の色味・ウェブの入り具合・ウェブの色味・マトリックス(石英や黄鉄鉱(パイライト))の入り方など、ひとつひとつ違った表情を持つ希少な石です。

キャリコ・レイク・ターコイズ (Carico Lake Turquoise)

キャリコレイク

ネヴァダ州の中北部ランダー郡( Lander County )にあり、現在も細々ですが採掘されています。
標高の高い場所で干上がった湖の跡からみつかったので、この名前がつけられたそうです。

元々は金鉱の副産物でもあります。
埋蔵量と採掘の時間が限られているので、希少なターコイズのひとつといえるでしょう。

 

▲上へもどる▲

キングマン・ターコイズ (Kingman Turquoise)

キングマンターコイズ

Kingman Turquoise(キングマンターコイズ )とは、昔からインディアン達がターコイズを採掘していた歴史のある地域、アリゾナ州キングマン鉱山で採れたターコイズです。

現在でもColbaugh Processing Incによって運営されていて、採掘量が多く非常に有名な鉱山です。別名でミネラルパークと呼ばれています。

中間的な空の色から濃い青まであり、時々緑っぽい色のものもあります。マトリックスも白や黒から赤茶まであります。また、バーズアイと呼ばれる均等に染み出すようなスパイダーウェブが入っているものは特にハイグレードになります。

キングマン鉱山の側にあるイサカピークというエリアで採掘されたターコイズは非常にグレードが高く、コレクターの中で人気があり高価なターコイズの中の一つになっています。

 

▲上へもどる▲

ターコイズマウンテン (Turquoise Mountain Turquoise)

ダメールターコイズ Damale Turquoise

キングマンターコイズ

キャリコレイク鉱山の近くにあって、産出量が少ない小さな鉱山です。

白味がかかったエメラルドグリーンが特徴で、茶、黒のマトリックスが入っています。希少性、独特の色、硬度の高さから、多くのコレクターを魅了し続けており、人気と評価につながっています。

 

▲上へもどる▲

ドライクリーク ターコイズ

ナンバーエイトターコイズ #8Turquoise

ナンバーエイト

#8Turquoise(ナンバーエイトターコイズ)はネバダ州にある北ユーレカ群で1929年から61年まで採掘されました。アメリカ産ターコイズの中でも希少価値が高く、非常に有名です。

金、黒、赤、茶色などのスパイダーウェブ(蜘蛛の巣状の網目)が特徴です。色は水色から濃いブルーまで様々で、やや緑がかっているものもあります。やさしい印象のターコイズで女性にも人気があります。

 

▲上へもどる▲

パイロットマウンテン Pilot Mountain Turquoise

ビスビーターコイズ Bisbee Turquoise

ビスビーターコイズ

Bisbee Turquoise(ビズビーターコイズ)はアリゾナ州南部の町ビズビー近郊で1974年より採掘が始まった、アメリカ産の中でも有名なターコイズです。

透明感と深みのある青色の石に赤いマトリックスが混じっていることで知られていますが、美しい深緑のものもあります。特に高品質とされるのは、銅山の一角にあるラベンダーピットという露天掘りの坑から産出され、世界で最も青い石と言われています。1960年代に閉山されていて現在は採掘を終了しています。その希少性、独特の色、硬度の高さが多くのコレクターを魅了し続けており、人気と評価につながっています。

 

▲上へもどる▲

ブルージェムターコイズ

モレンシーターコイズ(Morenci Turquoise)

モレンシターコイズ

Morenci Turquoise(モレンシターコイズ)は、アリゾナ州の南東に位置する最大級の銅山で、副産物として大量のターコイズが産出され1990年くらいまで採掘されていました。

色は水色から濃いブルーまであります。稀にスパイダーウェブ(蜘蛛の巣状の模様)が入るものもあり、美しいブルーと金色の珍しいマトリックスはコレクションする価値のある貴重なターコイズであり、コレクターの間では非常に高値で取引されています。

 

▲上へもどる▲

ランダーブルーターコイズ(Lander Blue Turquoise)

ランダーブルー

Lander Blue(ランダーブルー)鉱山はネバダ州バトルマウンテンとテナボに位置します。1973年に発見されて以来採掘期間が約3年しかなく、帽子ひとつぶんの量しか採れなかったといわれている大変貴重なターコイズです。

青の色味が濃く、ウェブの入り方が非常に細かく均等で、ハイグレードと呼ばれるものは太陽光の下で見ると青色が浮いてくる感じがする程美しいといわれます。ランダーブルーはそのほぼ全面がスパイダーウェブで埋め尽くされている事が知られています。色は、濃いブルーからミディアムブルーで、黒のスパイダーウェブととても対照的です。

 

▲上へもどる▲

レッドマウンテンターコイズ(RedMountain Turquoise)

ローンマウンテン(Lone Mountain Turquois)

ローンマウンテン

Lone Mountain Turquois(ローンマウンテンターコイズ)は、ネバダ州トノバー近郊の鉱山で採掘されるターコイズです。1922年に銅を探しに来た人の掘り起こし後から、高品質のターコイズが発見されました。

初期の色はクリアブルーに黒のウェブ。現在は灰色がかっています。Fossilという化石の部分もあり、非常に希少でローンマウンテン以上に貴重なのはランダーブルーしかないと言われるほどです。 ローンマウンテンで掘り起こされたターコイズは全て、非常に小さいものでも無駄にされずに、カリフォルニア州サンゲーブリエルにある工場でカットされて磨かれるので、ラフ(原石)のまま市場に出されたものは滅多にないといわれています。

 

▲上へもどる▲

ロイストンターコイズ(Royston Turquoise)

ロイストンターコイズ

ロイストンターコイズは1902年から採掘が始まったネバダ州にある地域の四つの鉱山(バンカーヒル、オスカーウェーレンド、イースターブルー、ローヤルブルー)から採掘されるターコイズです。

マトリックスは茶、黄茶。緑色のトルコ石の代表格です。 ロイストン地域では質の高いターコイズを産出し続けていますが数に限りがあります。

 

▲上へもどる▲

その他ストーン

copyright©2013- Turquoise all rights reserved.